はじめに|不動産SEO

不動産ホームページの検索エンジン最適化(SEO:Search Engine Optimization)は専用のCMSに依存するので、自分で設定できる部分には限度があります。それを踏まえて、ライバルに差を付けるSEO対策を行いましょう。

はじめに

「特定サービスのSEO機能だと順位が上がる」という事はありません。但し「特定のサービスはSEOの理解が十分でないため検索エンジンに評価されない」事は非常に多くあります。

基本的に不動産物件のような「どこが扱っても情報は一緒。差別化が難しい。」ものは、得点するよりも減点されない対策の方が遥かに重要です。

後発が抱える問題

後発不利な場合があります。不動産ホームページを立ち上げてから数ヶ月は、検索順位が上位になるケースはマレで、個人事業のレベルでは「まず上がらない」です。
(※大規模な広告戦略が合ったり、SEOを外注にふんだんにだせる予算があれば別)

そもそも、「検索順位の決定方法」は検索エンジン側の秘密事項なので公開されていません。正しく評価されているかどうか判らないため、「順位あがらない=自分の対策が悪いのではないか?」と疑心暗鬼になって、余計に悪くする事が多いようです。

SEOの失敗で自滅は非常に多いです。

注意事項

次のようなケースは、本記事に書かれている事を実践しても順位は上がらない事が多いので注意して下さい。

  • 過去にGoogleなどからペナルティを受けた
  • SEO会社に外注しているが成果がでていない
  • 以前は上位に居たが急激に順位を落した

先に上げた「後発不利」とは全く異なる理由で順位が上がらない場合があります。「ペナルティを受けた。受けている最中。」の場合、何をしても上位に戻るのは極めて難しいと言えます。

【続き】ドメインをチェックする|不動産SEO

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ