よく見る「SEO対策済み」とは何か?

不動産ホームページのCMS/ASP関連サイトを見るとよく書かれているのが「SEO対策済み」です。この「SEO対策済み」とは何を指すのでしょうか?

当たり前のSEO対策

「SEO対策済み」に相当するほとんどがSEOのエキスパートから見ると「当たり前」「基本のキ」と言える内容です。

  • <title>タグにページタイトルが挿入されているか?
  • HTMLの文法規則に則っているか?
  • タイトルの重複は無いか?
  • ページの重複は無いか?
  • サイトマップは有るか?
  • ウェブマスターツールなどに対応しているか?

Googleに好かれるか?嫌われるかが重要

日本国内の検索エンジンシェアは9割以上がGoogle検索エンジンです。Yahoo!検索も中身はGoogle検索のアルゴリズムを採用しています。
ですから日本国内のSEO(SEO対策)=Google対策なのです。

それを前提にして最適化する事が「SEO対策済み」の最低条件です。

不動産ホームページの「SEO対策済み」とは大半が「Googleに嫌われない対策(受動的)」です。だから、それだけでは上位表示されないのが現実です。

Googleが嫌う事

  • タイトルが存在しない
  • 重複したコンテンツ
  • 整理されていないサイト構造
  • 似通った大量ページ
  • 極端に短いコンテンツ
  • 誤ったURL(Not Found)

ー等です。つまりGoogleのペナルティにならない事が「SEO対策済み」の中身である場合が多いのです。

なぜ、そのような事を「SEO対策済み」と謳うのかというと、以前はそうした基本的な事も出来ていないシステムが多かったため、数年前は十分な差別化になったのです。

現在では「当たり前」の仕様です。

もう一つの「SEO対策済み」

一般的に言われるようにSEOは「コンテンツ」が重要であり、次に「サイト構造」が重要です。最も重要なのは外部リンクですが、こちらは自然にリンクされるのを待つ事が基本になります。(※能動的に外部リンクを獲得するのは非常に難しいため。)

全てのサービスが上に掲げたような「ペナルティ回避だけの守備的なSEO対策」とは限りません。例えば、不動産ホームページサービスの「いえらぶ」や「仲介名人」、不動産ポータルのスーモやホームズなど、「サイト構造」や「より高い評価」を受けるための構造を有している場合もあります。

特に「サイト構造」はプログラムに左右される重要なポイントであり、自分の努力だけでは挽回できない点でもあるので導入時に十分確認しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ