タイトルは最重要|不動産ホームページのSEO

SEO(Search Engine Optimization/検索エンジン最適化)でタイトルタグ(<title>)の存在は極めて重要です。

titleだけ注意すれば良いという極論もある程

<title>だけ注意すれば良いという極論もあります。逆に<title>を意識せずに順位が上がる事も無いと。極論では有りますが、そう言うキーワードも多々あり、ある面、事実と言えるでしょう。

まず<title>にキーワードが含まれていない場合、目標とするキーワードで上位にランキングする事は困難です。

<title>にある言葉が検索キーワード

よって<title>が検索キーワードであり、検索ワードから外れている<title>では上位を狙えません。

例)<title>群馬県の賃貸物件なら●●不動産</title>

上記の場合「前橋 アパート」で上位表示は非常に難しいといえます。「群馬 賃貸」なら十分に可能性はありますが、それだと広すぎて商圏とマッチしなくなります。「前橋 アパート」で上位を狙うのであれば「前橋市の賃貸アパートなら●●不動産」に書き換えるのが妥当と言えます。

<title>に入れる文字数は30字未満に

25文字〜30文字が妥当と言えます。当然入れられるキーワードには限界が出てきます。上記の例で言うと、本来なら「群馬県前橋市、高崎市の賃貸アパート・マンション・戸建て、駐車場なら物件豊富な●●不動産へ(44文字)」としたいところですが、現時点では推奨されない文字数オーバーになります。

「前橋市の賃貸アパート・マンションなら物件豊富な●●不動産へ」程度に納めるのが妥当です。ちなみに●●不動産としていますが、店舗名が長い場合は、更に前の文章を削る必要があります。

キーワード単位でコンテンツを用意する

上記のように1つのタイトルで万能性を追求できない以上、反響の可能性がある全てのワードに対して一対一のコンテンツを用意するのがSEOとしての解決手段になります。

例えば:
「前橋市の新築アパート特集|●●不動産」
「前橋市の格安賃貸一戸建・広い庭で楽しむ|●●不動産」
「前橋市の高級賃貸マンションの選び方|●●不動産」

などなどです。労力は3倍か、それ以上掛かることになりますが、それに見合うリターン(集客)も大きいので、ホームページ制作の際には、この事を意識して設計や外注をしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ