不動産ホームページのタイトルだけで集客力が変わる

SEOというと検索順位の上げ方ばかりが気になって、「本来の集客成果に気を配っていなかった」って事はありませんか?

検索順位が上がってもクリックされなきゃ意味がない

検索順位が上がっても、ちっともアクセスが無いということはありませんか?

そのようなケースは多くの場合、
1.ビジネスの成果につながらないキーワード
2.タイトルに魅力がなくてクリックされない

ーが、原因です。

今回は「2.タイトルに魅力がなくてクリックされない」にフォーカスしましょう。

キーワードはタイトルの文頭に来ていますか?

検索した時にあなたのサイトのタイトルはどうのように見えているか、ライバルサイトと比較しながら確認しましょう。

検索キーワードとマッチしている場合、キーワードに該当する部分が太字になります。

これをボールディングと言います。

検索ユーザーはこのボールディングを目安に検索結果をクリックし、来訪します。

このボールディングの効果はとても高いです。

もし、あなたのページタイトルが長くて、キーワードが後ろのほうに隠れてしまっていたら、このボールディングの効果は薄れてしまいます。

まったくボールディングされない場合もあります。

タイトル内のキーワード位置に配慮する

タイトル内のキーワードの位置は、順位には直接影響しません。しかし、クリックには大きく影響します。

Googleは検索結果からクリックされるケースについても僅かながらは加味しているため、間接的にはキーワードの位置と検索順位は相関関係にあります。

このことを考慮すると、タイトルがキレイに収まる28~30文字の範囲で、できるだけタイトルの文頭にキーワードを配置するような配慮が必要です。

2語または、3語以上の複数ワードの場合、まず、そのうちどのワードが最も重要なのかを考え、それが先頭に来るようにタイトルのつけ方を工夫しましょう。

まとめ

・28文字程度のタイトルをつける
・タイトルにはキーワードを必ず含める
・キーワードはできるだけ先頭に配置する

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ