不動産ホームページのトータルコストは専用サービスがお得

不動産ホームページの制作にあたっては「完全独自制作(フルスクラッチ)」と「一部テンプレート使用」、「専用サービス利用」の3パターンがあります。

フルスクラッチはナンセンス。一部テンプレート使用は割高

単にWebサイトを作る、あるいはECショップを作るならフルスクラッチという選択も以前はあり得ました。まだ、ワードプレスやEC Cubeなどが十分に整備されていなかった時代です。制作費何百万円という費用感も定説で、作ったら5年以上は使い倒さないと元が取れない事も多かったのです。

現在では、ワードプレスなど無料CMSも一般的に普及した上に、ランサーズやクラウドワークスなど、個人技術者と企業を結ぶクラウドソーシングも多く利用されるようになり、CMSテンプレートをカスタマイズする形式も多くなってきています。

しかし、不動産ホームページは特別で、物件検索や不動産ポータルサイトとの連動、レインズデータの活用や物件データの一括投稿など、通常のホームページでは要求されない機能が必要になります。

こうするとやはり割高になり初期費用だけでも100万円を超えるケースが少なく有りません。
それだけの価値があれば良いのですが、実際には思ったより集客できない、操作に不満が残るが我慢するしかない、投資費用を回収するまで乗り換えられないなどの問題が発生します。

不動産ホームページ制作 専門ASPは3つの点でお得

以下の点で不動産ホームページ専門ASPはお得と言えます。

初期費用が定額

制作費込みの初期費用が提示されており基本的にはそれ以上のコストを支払う必要がありません。それらにはカスタマイズや不動産物件の投入機能、物件検索機能、物件問い合わせや追客機能などが含まれており、機能も十分であり追加のコストを払う余地がないところがポイントです。

機能特化

不動産専用と謳うわけですから、当然、不動産物件の表示/検索/問い合わせにフォーカスされた専門化が図られています。サービスですから、それを利用する人も多く、周囲の利用者から使い勝手をヒアリングする事もできます。

サーバー保証とサービス保証

専用サービスはサーバーの料金、利用料、保守メンテ料金が含まれています。また、提供会社は「僅かでも止まったら大問題」としサービス稼働率に最大限の配慮をしているため、仮に障害が発生しても迅速な復旧を行います。複数のユーザを集めて運用している専用サービスならではの配慮です。

単にサーバーが稼働しているだけでなく、サービスとして物件が投入できるか、きちんと表示されているか、問い合わせに問題が無いか、メールやドメインの取得状況に問題が無いかなど、不動産ホームページに関わる様々なサービスを監視、稼働維持できているかなどサービスも担保される点も大きいと言えます。

不動産ポータル連動

自社カスタマイズだけでは限界があるのが不動産ポータルやフランチャイズ店同士の連動機能です。専門のプログラム知識を必要とし、仕様の異なる複数の不動産ポータルに対応するのは限界があります。

コストパフォーマンスを考えれば不動産ホームページ専用サービスを利用するのがベストと言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ