不動産ポータル連動は必須だが自社サイトも重要

不動産ポータルサイトの集客力の強さは、もはや言うまでもないでしょう。集客の1つとして欠くことができません。

不動産ポータルサイトは広告

不動産ポータルサイトの比較記事などにもあるように、その集客力は圧倒的です。

物件数が多いので、SEOにも強く「対抗」は不可能です。うまく利用して行くしかありません。

しかし、不動産ポータルサイトだけやっていれば反響が取れるかというと、そうでもないのが悩ましい現実です。

不動産ポータルからの問い合わせが必ずしも成約に繋がるワケでは無く、やはり取り扱い物件をより多く確認し、不動産会社の信頼性に付いても評価してから相談したいと思うのがエンドユーザの心理です。

よって、不動産ポータルへの掲載は集客手段と割り切るのが妥当でしょう。にもかかわらず、物件掲載をポータルサイトに更新し続けるのは結構な手間です。

自社ホームページの物件との連動が鍵

ポータルサイトへも載せたい。自社サイトもしっかり管理したい。そこで登場するのが不動産ポータル連動という機能です。

この機能を使うと、「不動産管理ソフト」→「不動産ホームページ」→「不動産ポータルサイト」への連携もできるので、作業は半分以下になります。長く運用されている不動産会社さんですと、過去物件は入力項目も僅かなので、楽に運用できるようになります。

不動産ポータル連動サービスは特定業者のみ

不動産ホームページを作成するサービス会社全てが不動産ポータル連動サービスを提供できるわけではありません。

不動産ポータル連動を行う為にはかなりの開発が必要で、未経験の会社ではサポートできないので注意しましょう。

まずは将来を見据えて、不動産ポータル連動をサポートしているか確認する事をお薦めします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ