不動産ホームページ作成丸投げでも知識は必要?

結論から言うと「必要です。」

まず、エンドユーザー(物件を探している人)のニーズを汲み取って、「コレをセールスしてみよう、こう表現すると食いつくんじゃないか?」等を発想できるのは不動産の当事者であるあなただけです。

不動産ホームページの制作会社はウェブのプロで有り不動産業も勉強していますが、お客様のリアルな問い合わせや営業の肌感までは判りません。

覚えないデメリットは多いが、覚えるデメリットはほとんどない

HTMLやCSSなどのベーシックなウェブ構築技術をしらないと「こうしよう!」という発想が出来ず、「ちょっとした修正」も外注しなければなりません。これは、大きなデメリットですね。

対して、きちんと知っている人に教えてもらえば、数時間内に使えるようになる上に、「対処学習:必要な時に、そこだけ覚える」ので無駄な基礎学習が不要なのもHTMLやCSSのメリットです。

よって、「折角覚えたのに使わない!」なんて事は無いのです。
覚えるデメリットなんて無いのです。

PR:不動産ホームページの作成なら仲介名人

HTMLは難しい?

HTMLをプログラム言語の1つと思い、コンピュータの深い知識が必要と思っている人もいます。「できない・やれない」人の多くは、先入観による所が多いのですが、実際には幼稚園の英語学習以下の難易度で習得可能です。

なぜ、敢て幼稚園の英語学習との比較なのかというと、意味は理解しなくてよい。文法なんて深い所も不要。まずは、慣れ親しんで下さい。
拙くても聞き手が意味を理解してくれます、というのがHTMLだからです。

特定の記述しか使わないので網羅する必要も、全てを知る必要もありません。文法はウェブプロには重要ですが、皆さんには当面不要です。間違ってもブラウザが補完機能で「良きにはからって」くれます。便利ですね。

なので難しいことは一つもありません。今すぐ始めましょう。判らなければ詳しそうな人に聞きまくりましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ