反響アップは浮気防止に重点を置く

反響=集客からの問い合わせであり、集客を頑張れば一定の反響が獲得できるようになります。しかし、コストパフォーマンスを考慮すると、集客集中の手法には限界があり、直ぐにコストの問題で悲鳴を上げることになるでしょう。

アクセス解析する

新しい顧客を獲得する対策と同時に行うべきなのが、今サイトに来ているユーザがなぜ反響に繋がらないのかを確認する必要があります。

このためにはアクセス解析ツール(例えば無料のGoogle Analyticsなど)などで問題点を洗い出す必要があります。

例えばGoogle Analyticsには、「ページ解析」という機能があります。
20141104

この機能を使えば、どこが良くクリックされているか直ぐに判るので便利です。意図せずクリックされている所を探すのがポイントです。

ユーザは直ぐに浮気する

反響低下の要因の1つは浮気による離脱。不動産の掲載数が多い場合にはよくありますが、それ以外にもデザインなどの問題で発生する場合があります。

例えば、そのユーザには、あまり関係の無いバナーが目立っていたためクリック。関係がないから興味が無いとして戻るも、その僅かな画面遷移と時間経過で本来目的の問い合わせのモチベーションまで下げてしまう。

言い換えれば、その浮気ポイントを無くせば、少しでも反響が上昇する可能性が高丸まるのです。

ユーザは短気、自分勝手

ユーザは短気です。ほんの数秒しか滞在していないユーザが大半である事は事実です。全てが表示される前にユーザは「このサイトはでは自分の欲しい物は見つからない気がする」と勝手に解釈します。

こうした「多分見つからないだろう」という気持ちで探すのと、「このサイトは良さそう。期待できる。」という気持ちで探すのでは不動産物件の見え方が違って来るのも当たり前ですね。

第一印象とはベージ上部の早期に表示される場所で決まります。ここのポイントで少しもクリックされていないようなら
かなりサイトデザインに問題があると言えるでしょう。

【参考】ビジュアル解析で問題点を明確にする

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ