地域名を必ず入れる|不動産SEO

タイトルは最重要|不動産SEOでも書いたように、タイトルに入っていないキーワードで上位を獲得するのは非常に困難です。まずは、タイトルにどのようなキーワードを入れるのか慎重に考えましょう。

エリアキーワードは最も重要

優先するべきはエリアキーワードです。ただ、最寄り駅や地名を書くだけではなく、検索ユーザーの心理によって異なる部分を汲み取っていきましょう。

例えば、まず、物件の所在地に関わる市区町村がメインの地域キーワードになりますが、物件の場所によっては「最寄り駅」「バス停」「ランドマークや公共機関」「(多いと思われる)通勤場所までの距離」「旧地名/ 新地名」etcなど、検索ユーザーがどうして探してくるのかを先回りする事が重要です。

エリアキーワードをタイトルの先頭に

[{任意のエリアキーワード}+{任意の物件名又はキャッチコピー}]という形が理想と言えます。物件名などは非常に長い場合も多いので、物件名の後にエリアワードがあっても表示が切られる可能性があるからです。

検索ユーザが最も気にするのが「この検索結果には自分が探しているコンテンツがあるか?」ですから、重要なエリア名が前にあった方がクリックされる可能性が高まります。

実際マッチしているキーワードではCTR(クリック率)が10%~30%になる事も普通にありますので、Googleで100人検索すれば10人〜30人の見込み顧客を引き寄せる可能性があるわけです。

無駄な言い回しを削る

例えばGoogleの場合、「賃貸アパート」「賃貸物件」「アパート」どれも同じ意味、同じキーワード群として捉えてくれます。なので単にアパートで済みます。

実際に検索して上位のサイトを参考にする

まず、全く同じタイトル名になるのは避けましょう。その上で様々なエリア名+物件名の組み合わせを検索して、最も検索ユーザに好まれそうなタイトルを参考にして付けていきましょう。

まず物件情報を全て入れたあとで、ルールを決めて一気に変更していくのも良いでしょう。また、複数の地名が必要である場合、その順番にも配慮しましょう。

不動産SEOの勝負所はエリア名+物件名です。是非、勝ちパターンを見つけて下さい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ