本当の不動産集客をするにはSEO対策だけでは不十分。ファン層の獲得が必要

SEO対策をして実際に集客できても成功できない理由は、会社の魅力をユーザーに伝えれていないからです。

SEO対策は検索エンジンに対する最適化です。本当に必要なのは、検索ユーザーに対する最適化が必要です。

そもそもSEO対策って何をするの?

検索順位を決定しているアルゴリズムは、

  • 外部からのリンク
  • ページ内要因
  • ユーザーシグナル
  • ドメイン

など、100を超える要因があるといわれています。

SEOの対策は、これらの考えれる要因に対して、何かしらの対策をしていくことを指します。

技術的な要素も多く含まれますが、今回は「ページ内要因」について紹介します。

SEOを意識しすぎるページは逆に読まれない?!

ページ内要因は、

  • タイトルタグのキーワード
  • 適切なタグの使用
  • キーワードの密度
  • ページ上部のキーワード
  • ページ全体のキーワード率
  • コンテンツの鮮度
  • 文脈
  • キーワードとコンテンツの関連性
  • 情報量

などなど、ページ内の要因だけでもまだまだあります。

しかし、これは手段であって、本当にユーザーの心をしっかりと掴むにはページの内容が一番重要です。

例えば、
最新の技術を使用して制作した映画を高い広告費を払って宣伝しても、内容が良くなければ、次第に客が離れていってしまいます。

逆に、
制作費・広告費を節約して制作した映画でも、内容が良ければ、話題になり客が増えていきます。

この現象はインターネット上、集客面でも同じことが起こります。

いくらSEO対策しても、内容が良くなければ本当の成果には結びつきにくいです。もちろん、まず最初は認知(知ってもらう)してもらうために費用と時間をかける必要があります。
しかし、何度も言いますが、これは手段です。

本当の意味で集客をしていくには、ユーザーに何を伝えたいのか。感動や喜びを与えることができることが集客の成功となります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ