SEOの用語とGoogleペナルティをわかりやすく解説

不動産ホームページにとって集客で最も重要なのは「SEO/検索エンジン最適化」です。

そしてSEOに大きな影響を与えているのが検索の巨人Googleです。日本ではSEO=Googleといっても過言ではないでしょう。

日本国内のGoogleの検索シェアは限りなく100%に近いですからね。

Google検索とアルゴリズム

一般的にアルゴリズムとはプログラムの実行ルール(計算方法)を意味します。

「Google検索のアルゴリズム=Google検索で順位決定するプロセス」を指しますが、Googleのアルゴリズムは公開されていないません。

何が順位に影響しているのかはGoogleのごく一部の人しか知りません。

「こうしたら上がります。」という手法は存在せず、多くは「●●をしたら順位が上がったから、これが順位決定の要素に違いない」と相関関係から推論しているに過ぎません。

アップデート

SEO関連のサイトを読んでいるとよく出てくるのが「●●アップデート」。

これはGoogle検索のアルゴリズムが変更されたことを意味します。ルールが変更されたわけです。

順位決定のための要素は大量にあるため、各要素を変更するたびに「●●アップデート」があります。

Google中の人曰く、「毎日なんらかの更新がある。」そうですが、巷で騒がれるのは比較的大きな順位変動があるアップデートだけです。

話題になる時は必ず大きな順位変動を伴います。前述のように元のアルゴリズム自体が非公開ですから、それのどこが変わったと言われても、推測が推測を呼ぶだけです。

Google自身が話題性のためにやっている一種の炎上マーケティングに似て非なるものなのでしょうか。

パンダアップデート、ペンギンアップデート、品質

パンダアップデート」とはコンテンツの質を見極め、コンテンツがチープなのに不当な順位にあるものを落とし、正当な評価をするアルゴリズムに変更を加えたもの(だそうです)。

そもそもプログラム判定だけでコンテンツの「質、品質」を見極めることが可能なのかが疑問が残るところではありますが、各言語の構文解析技術を見聞きする限りでは、かなり精度が向上しているようです。

ペンギンアップデート」も品質を判定するアルゴリズムの更新ですが、こちらの質は「リンクの質」です。

アルゴリズムは公開してないと上述しましたがGoogle創業前に、論文と特許取得のために一度公開されています。

それによると他のドメインからのリンクが順位決定に大きく関わっていることから、外部からリンクを張りまくるスパムが横行しました。

実際にリンクは大きな影響を与えていた(Googleも認めている)ので、単にリンクを貼るという行為を無効にしたのが始まりでした。今では単にリンクを張り続けるだけでは順位は上がりにくいと思います。

スパム行為

Googleがスパム行為とする判断基準についてはGoogle自身が言及しておりますので、参考サイトを御覧ください。

【参考】スパム対策

昔ながらのYahoo!SEO対策を未だにやっていると「隠しテキストまたはキーワードの乱用」に相当する場合があります。また「サイトからの不自然なリンク」「サイトへの不自然なリンク」はペンギンアップデートの要であり、精度が年々向上しています。

ペナルティ

パンダアップデート、ペンギンアップデートにも関係がありますが、Googleが禁止する事項に著しく抵触していると「ペナルティ」を受けます。

順位を意図的に落とされるものから、検索結果に一切反映されなくなるものまでレベルは色々ですが、一度受けると正常な状態に戻るのはかなりの時間と手間がかかります。

ペナルティを受けるのはGoogleのアルゴリズムを意図的に「だます」行為をした場合です。

また、順位を上げるために「リンクを張る」行為に料金を支払った時も、それが事実と確認されたらペナルティを受けます。厳しい処置がある上、Googleスタッフによる目視判定も行われています。

ただ、一般的なサイト構築を行っている限り、このペナルティを受ける可能性は「ほとんどゼロ」です。

いわゆる「リンクを買う」行為を行ってペナルティを受けた場合は特に復帰が難しいと言われております。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ